使用可能BB弾

フィールドで使うBB弾は全てバイオBB弾のみです。
パワーチェック ●当チーム主催のゲームでは、ゲームを始める前に使用予定の全ての銃のパワーチェックをします。

●可変HOPを搭載した銃の初速測定はHOPをゲームで使う適正HOP状態でチェックしますので、ホップを切らなくても良いです。
ただし、適正HOP状態で当チームのレギュレーションを超えそうな場合はHOPを切った状態で再度初速測定をさせて頂きます。

●銃砲刀剣類所持等取締法に違反する物を見つけた場合は、ゲームを中断し法的機関に連絡する義務が発生しますので絶対に所持しないで下さい。
ゴーグルについて ●ゲーム中フィールド内では必ずゴーグルを着用し、絶対に外さないでください。 

●ゴーグルは出来るだけ耳かけ式シューティンググラスを使用しないと共にフルフェイスを推進します。
ヒット判定など ●装備品のいずれかに弾が当たった場合は全てヒットとなります。

●ヒットした時は戦闘する意思が無いことをアピールしながらフィールドから退場して下さい。
★当チームは白い布状の物を頭上に上げて意思が無い事をアピールします
フリーズコール
について
●基本的に有効ですが10m位が限界です。 それ以上は逆に撃ってあげる方が匠の心遣いです。

●反撃は可能ですが怪我の可能性があることを十分認識し、無用な怪我を避けるように十分注意してください。

●フリーズコールでヒットした場合は「ヒットコール」するか「手を上げる」等をし、戦闘の意思が無い事をスグにアピールして下さい。 スグに意思を示さない場合は痛くない所を撃ってあげましょう。
ナイフアタック
について
●素手や道具を使用した他プレイヤーに対するボディタッチのナイフアタックは無用な怪我を避ける為全て禁止です。
弾携行方法 ●1ゲームによるマガジンの携行本数に制限はありませんがBB弾の制限があります。 弾制限は下記のチームレギュレーションで確認してください。

●BBローダー又はBBボトル等など弾薬箱(ショットシェル、モスカート含む)以外でのBB弾の携帯は禁止です。
ゲームに参加していない時 ●プライマリーウェポンルール(メインウェポン)
★分隊支援火器を除く全てのプライマリーウェポンは決められた場所、又はゲーム開始移動後のスタートポイント到着時以外ではマガジン等を抜いたままにして弾の装填をせず、セーフティーの付いている物は必ずセーフティーをかける。

●セカンダリーウェポンルール(サイドアーム)
★ホルスター等に納まっているセカンダリーウエポンは弾を装填したままの携帯を許可します。
★ただし、ハンドガン等がメイン(ハンドガンナー、グレネーダー等)の場合はプライマリールールが適用されます。

●試射は決められた場所で行ってください。
●ゲーム中は空撃ちを含め全ての試射をしないで下さい。

※平成18年8月21日施行の銃砲刀剣類所持等取締法により
6mmBB弾で0.2g弾を使用の場合は初速99.45m/s、ジュールにすると0.989J(ジュール)を超える銃は所持が禁止されています。
8mmBB弾では0.34g弾を使用の場合は初速98m/s1.63Jを超える銃は所持が禁止されています。
違反した場合は、1年以下の懲役、又は30万円以下の罰金と定められています。
当レギュレーションはこの法律で定める初速以下とした上で、余裕を持って使用することを徹底するものです。

当チーム主催のゲームで使用できる銃や弾の重量、1ゲームによる携行弾数、その他の規定は以下の表をご覧下さい。

※弾速測定の方法については、上記のパワーチェックの欄をご覧下さい。
カテゴリー1
電動ガン(フルオート付)
ガスガン(フルオート付)
その他付則により規定する銃
0.2g弾使用時で初速95m/sec (0.90J)以下
使用可能弾 0.2g以下

携行弾数 400発以下
(分隊支援火器とみなされる銃は入るまで入れても良いです。)
●多弾数マガジン使用の場合は規定量まで入れても良いですが、Boxマグやドラムマグを使用する銃は分隊支援火器とみなされる銃でなければなりません。

分隊支援火器とみなされる銃は実銃が存在し、また著しく実銃から形態が変わらないものでバイポット付(一部を除く)でなくてはならない。(例:M60 、ミニミ等)

カテゴリー2
電動ガン(セミオートのみ)
ガスガン(セミオートのみ)
ショットガン(エアコッキング)
ショットガン(ガスコッキング)
ライフル(エアコッキング式、スコープ無)
ライフル(ガスコッキング式、スコープ無)
その他付則により規定する銃
0.2g弾使用時で初速95m/sec (0.90J)以下
使用可能弾 0.25g以下

携行弾数 400発以下
●電動ガン(セミオート)には、改造によりセミのみにした銃も含まれます。

●サイドアーム(カテゴリー5に規定する銃)を出来るだけ携行し、近接戦闘の場合にはこれを使用して無用な怪我等させないよう十分注意してください。

カテゴリー3
ライフル(エアコッキング式、スコープ有)
ライフル(ガスコッキング式、スコープ有)
その他付則により規定する銃
0.2g弾使用時で初速95m/sec (0.90J)以下
使用可能弾 0.3g以下

携行弾数 50発以下
●サイドアーム(カテゴリー5に規定する銃)を必ず携行し、近接戦闘の場合にはこれを使用して無用な怪我等させないよう十分注意してください。

カテゴリー4
モスカート等のグレネードランチャー
その他付則により規定する銃
0.2g弾使用時で初速80m/sec (0・64J)以下
使用可能弾 0.25g以下

携行弾数 20発以下
(カート数を弾数と数え、装填される弾数は制限しません。)
●BB弾以外の弾を発射するものは全て禁止です。

●サイドアーム(カテゴリー5に規定する銃)を必ず携行し、近接戦闘の場合にはこれを使用して無用な怪我等させないよう十分注意してください。

カテゴリー5
ハンドガン(電動式)
ハンドガン(ガス式、固定スライド含む)
ハンドガン(エアコッキング式)
その他付則により規定する銃
★ハンドガン(電動式)
★ハンドガン(ガス式、固定スライド含む)
0.2g弾使用時で初速80m/sec (0.64J)以下
使用可能弾 0.2g以下

★ハンドガン(エアコッキング式)
0.2g弾使用時で初速60m/sec (0.36J)以下
使用可能弾 0.25g以下

携行弾数 400発以下
カテゴリーを問わずに出来るだけサイドアームを携行する事を推進します。

カテゴリー8mm
8ミリBB弾を発射する銃器 ★ハンドガン
★ハンドガン以外のライフル等
0.34g弾使用時で初速95m/sec(1.53J)以下
使用可能弾 0.34g以下

携行弾数 400発以下
●上記のラインを設けていますが、基本的に銃の大きさに関わらず全て箱出しノーマル状態で使用してください。

電磁弁等・その他

●外部ソースを使用する銃の場合、カテゴリに関わらず、レギュレーターの最大吐出圧時に0.2g弾使用で初速95m/sec(0.90J)を超えない用にしてください。

●その他で気になる点があった場合はお手数ですが、その銃が使えるかどうかは会長もしくは役員の方に聞いて下さい。


上記チームルール・レギュレーションが守られない方、マナーが悪い方にはその場で改善してもらい、それでも改善が見られない場合は退場をお願いする場合がありますので必ず守ってください。

お問い合わせ・質問等は、掲示板又はmailにてお受け致します。

 夜戦ルール
夜戦ゲームでは上記ルールに以下のルールが加わります
 ●基本全ての銃はトレーサーを付けなければならない。
ただし、以下の銃はトレーサーを付けなくても良い。
@ボルトアクションライフル
Aショットガン
Bハンドガン
Cグレネードランチャー

●使用する発光BB弾もバイオ弾のみとします。

●トレーサーを持っていない方は体にサイリュームマーカーを付けて頂きます。

●フラッシュライト使用可

●ナイトヴィジョンは使用不可。
ただし、使いたい方は事前にチームまで報告して頂ければ使用可能ゲームもします。
その場合、ライト使用不可等の特別ルールでのゲームとなります。(NV破損防止、パワーバランス調整の為)